NEWS

%e3%80%901%e6%9c%8828%e6%97%a5am1100%e8%a7%a3%e7%a6%81%e3%80%91rb_icecross_kv_japan_sonic_front_r

アイスクロス競技の世界選手権である「Red Bull Ice Cross World Championship」(レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ)スピード・アンバサダー>にソニックが就任することが決定!
ソニックがレースにまさかの参戦を果たしたコラボポスターが完成!

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスキークロスやスノーボードクロスの要素を取り入れたウィンタースポーツ、「アイスクロス」。アイスホッケーのプロテクターを付けた恐れ知らずの選手たちが、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら高低差のある全長最大約700メートルの氷の特設コースを滑り降りるハイスペクタクルなレースで観客を熱狂の渦に包み込む大人気競技!

その世界選手権であり、日本・横浜で2月15日(土)に開催される「Red Bull Ice Cross World Championship」(レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ)において、どんな険しく激しい場所でも目にも止まらぬ音速の走りで駆け抜けるソニックがスピード・アンバサダーに就任することが決定!
そして、大迫力のアイスクロスレースにソニックが突如参戦し、持ち前の超スピードで並み居るスピードスターたちを交わす疾走感MAXなコラボポスターもお披露目!大会当日はソニックも会場に登場する予定!冬の横浜を一気にヒートアップさせること間違いなし!!

sth-ff-008_r

<「Red Bull Ice Cross World Championship」 概要>

ATSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020
ATSX 1000 / レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ横浜2020

会場: 臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)

日時: 2020年2月15日(土) OPEN 15:00 START 18:00
※雨天決行・荒天中止 ※予告なく変更になる場合があります

内容: アイスクロス世界選手権(Red Bull Ice Cross World Championship)のATSX1000クラスの大会

公式サイト: www.redbull.com/ice-cross

主催: レッドブル・ジャパン株式会社

この度、本作の吹替声優のキャストが解禁!

数々の映画やドラマに出演し、NHK朝ドラ「なつぞら」で国民的俳優となった中川大志が、日本発の世界的人気ゲームキャラクターソニックの吹替を務めることに!!声優挑戦は今回が3度目にして初の主演。また、ソニックを狙う悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の吹替は山寺宏一に決定!

中川は以前バラエティのレギュラー番組で共演して以来、山寺を恩師として慕っており「山寺さんに僕のソニックを聞いてもらうのは、すごくドキドキします!」と緊張を露わにするも、実際に吹替を聞いた大ベテラン声優・山寺からは「大志はたいしたもんだ!」と太鼓判が!本作では敵同士となる師弟の対決にぜひご注目ください!

_26a1738_r

そして、ソニックの相棒となる保安官トム(ジェームズ・マースデン)に中村悠一、トムの妻であるマディ(ティカ・サンプター)には井上麻里奈が声をあてることが決定!

sonic%e5%a3%b0%e5%84%aa_r

【中川大志インタビューコメント】
最初にお話を聞いたときは、驚きました。僕自身小さい頃ソニックのゲームをやっていて、すごく大好きなキャラクターでしたし、まさか自分がそのソニックの声をやらせてもらえるなんて想像もしてなかったので、最初はすごく驚きました。自分で良いのだろうかという不安と恐怖もありましたが、ソニックのキャラクターを作り上げたチームの皆様に僕の声で良いんじゃないかと仰っていただけて、嬉しかったです。やるからには一生懸命自信を持ってやろうと思いました。基本的に一人で収録だったので、尊敬する山寺さんに僕のソニックを聞いてもらうのは、すごくドキドキします!
全世界の人たちが抱いているかっこよくてクールなイメージのソニックはこの映画の中でも大活躍していますが、すごくピュアで、真っ直ぐで、優しい、今まで観た事のないソニックの表情がすごく丁寧に描かれていて、ますますソニックの事を好きになるんじゃないかなって思います。よりソニックのことがいろんな角度から、深く見える、そんな映画です!

【山寺宏一コメント】
中学生の頃から大志は天才だって知ってますから、やはり大志は”大したもんだ”と思う(笑)。何にでもチャレンジして見事にクリアする才能の凄さ。でも彼は、努力の人でもあるんですよ。両方の意味で大したもんだ!共演がとにかく嬉しい!

この度、2020年・Hurryネズミ(ハリネズミ)年の幕開けを祝して…
US版予告編と場面写真が一挙に到着!

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる本作。先日解禁された日本語吹替版30秒特報に続き、この度ソニックが音速でひとり遊びにいそしむ姿を捉えたUS版予告編が到着!

故郷でパワーを狙われ地球に逃げてきたソニック。ちょっとさみしい時もあるけれど、音速で移動できるソニックは大丈夫!「バッターはソニック」「ピッチャーもソニック!」「こんなチームは嫌だ!」と言いながら、野球を1人で楽しむソニックの姿などを観ることができます。

そして、ジム・キャリーの怪演っぷり全開なドクター・ロボトニックの“クレイジー”な一面が明らかになり、全身に青き閃光を走らせたソニックとの対峙シーンも…!それぞれのキャラクターの特性が色濃くにじみ出ている映像に期待が高まります。

また、新たに到着した場面写真では、ソニックの強い意志が感じられる表情のアップから、鬼気迫るトムとのドライブシーン、ソニックがリングを見つめ音速で移動している姿など、疾走感溢れる瞬間のほか、不気味な笑みをたたえたドクター・ロボトニックの姿もインパクト絶大!

sth-ff-008_r

sth-ff-012s_r

sth-ff-018_r

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%bc_r

sth-ff-006_r

『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラーがプロデュースし、監督にはアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラーが、実写初監督に大抜擢。才能溢れるキャスト・スタッフが揃い、世界的人気ゲームキャラクターがスクリーンを駆け巡る!Hurryネズミ年の主役はオレ以外いない!とばかりに、【仲間が欲しい】と願いながら遂に出会えた相棒トムと共にソニックが繰り広げる、超高速スピードアドベンチャーにご期待ください!

 

<「ソニック」史上初!『ソニック・ザ・ムービー』でベビーソニックの姿が明らかに!!>

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる映画『ソニック・ザ・ムービー』。

この度解禁となる特別映像では、ゲーム・アニメを含むこれまでの「ソニック」作品で過去一度も登場したことがなかった幼少期のソニック”ベビーソニック”の姿が史上初お披露目!ソニックが日本発のキャラクターであることから、なんと特別に日本で全宇宙最速デビュー!

bs_pos_r

故郷である宇宙の果てにある平和な“島”を元気いっぱい駆け回るベビーソニック!幼いながらもすでに島中を瞬く間に回れるほどの超高速の持ち主だが、時折発する無邪気な笑い声やあどけない表情、まるっとしたフォルムが超キュート!!

さらに、12月27日(金)から日本だけの激レア特典付きムビチケ(前売り券)が発売!

価格:一般1,400円 子供900円 (各税込)

①上映予定劇場(一部を除く)
ムビチケカード+ベビーソニックのキーホルダー 
※キーホルダーは数量限定。なくなり次第、「前売り券」のみの販売になります。

★上映予定劇場・ムビチケ販売劇場はコチラ

thumbnail_bs_keychain_jp

②ムビチケオンライン
ムビチケEメールタイプ+塗り絵

★詳細&ムビチケオンラインはコチラ★

thumbnail_sonic_nurie_sample

※特典の画像はイメージです。実際の商品デザインと異なる場合があります。

愛らしすぎるベビーソニックといつも一緒にいられるのは日本だけ!この激レアアイテムをお見逃しなく!

 

 

 

この度、『ソニック・ザ・ムービー』日本語吹替版30秒特報を解禁!

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる本作。

このほど解禁された日本語吹替版30秒特報も、ソニック自慢の超高速アクションで世界中を駆け巡りながら、追ってきた大型車を吹っ飛ばしクールな表情を浮かべたり、トムの愛犬と張り合いつつ一瞬にして打ち解けるチャーミングな一面も垣間見られ、「ヘヘっ!」「よせって!降参、降参~!」とティーンエイジャーらしい少し調子乗りで憎めない魅力も全開!

激しいピンチの連続にもトップギアで立ち向かっていく、スーパー・スピード・アドベンチャーに期待高まる疾走感満載な仕上がりになっています。

また、本国アメリカではベン・シュワルツ(『スター・ウォーズ』シリーズ BB-8役など)が声優を務めているソニック。果たして日本では誰が演じているのか…!?

Sonic (Ben Schwartz) in SONIC THE HEDGEHOG from Paramount Pictures and Sega. Photo Credit: Courtesy Paramount Pictures and Sega of America.

気になる声優の詳細は近日中に発表予定。令和初の年またぎ、『ソニック・ザ・ムービー』の続報から目が離せない!

1 2 3