NEWS

この度、かつてない熾烈なスーパーバトルを予感させる日本版ポスタービジュアルが完成!さらに、ソニック、テイルス、ナックルズの場面写真も揃って到着しました!

お馴染みの黄金のリングから、いまにも飛び出さんばかりに姿を見せているのは、本物のヒーローになるため超音速のハイスピードで勝手に街を守り続けるソニック、超頭脳を活かしてソニックの心強い味方となるテイルス、超腕力をならし鋭い眼光をむける”最強の敵”ナックルズ!「最強が、激突する。」のコピーにも相応しく、それぞれの個性と愛らしさが際立つポージングをキメている後ろには、前作で遠いキノコの星へ飛ばされたはずの超悪党、天才科学者ドクター・ロボトニックがソニックたちに立ちはだかります!宇宙最速のスピードを誇るソニックと、“銀河系で最も危険”とも謳われる最強のパワーを誇るナックルズが、本作のカギを握るアイテム・史上最強の破壊力を持つ【マスターエメラルド】をめぐってぶつかりあう瞬間も映し出されており、地球の命運をかけた、最速&最大のバトルの火ぶたが切って落とされる、ワクワク感満載の1枚です。

先日、新たな予告編が解禁された際、アクションの爽快感&興奮度がスケールアップしたハイテンションな映像と、ソニックやナックルズたちが繰り広げるボルテージMAXの闘いっぷりに世界が沸いていましたが、圧倒的な支持を集めた前作から変わらず、本作でもメガホンをとるジェフ・ファウラー監督は、「(予告編で多くの情報が解禁されたことについて)予告編はまだ(本編の)楽しみの半分といったところです。ファンのみんなが、絶対に喜ぶと分かっていることを秘密にし続けるのは心苦しいけど、もし自分が劇場で観るなら、やはりサプライズが嬉しいと思います。ファンのみんながアッと驚くものをしっかりと用意しているので、映画館の大きなスクリーンで初めて、友人たちと歓声を上げながら、予告編だけでは味わえないサプライズを体験して欲しいです。」と、さらなるビッグサプライズまでも匂わせています。

一体どれほど我々を楽しませてくれるのか、大いに期待を膨らませて公開をお待ちください!

 

『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』 新キャラクター紹介

◆テイルス
あこがれのソニックに会うため、地球にやってきた。
発明が得意で、ハイテク・メカでソニックをサポートする。
回転させれば空も飛べる、モフモフしっぽがチャームポイント。

◆ナックルズ
自慢のパワーで敵をねじふせ、マスターエメラルドを探しさまよう最強の戦士。
ドクター・ロボトニックと協力し、ソニックを追い詰める。
こぶしから繰り出す、破壊力バツグンのパンチが最大の武器。

この度、映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の公開日が8月19日(金)に決定!合わせて日本語吹替予告映像が解禁されました!

前作でソニックたちの大活躍によって地球に平穏を取り戻した後もソニックは”ヒーロー”を目指して夜な夜な街を駆け回る日々!しかし、キノコの星へ飛ばされたはずの悪の天才科学者ドクター・ロボトニックがガジェットも髭もパワーアップ!?して再び襲来!またも地球に危機が訪れる!また、前作のラストで姿を見せたシリーズ屈指の人気を誇るキュートなキャラクターのテイルスもソニックと合流し、お手製の飛行機でソニックをサポート!やりたい放題のドクター・ロボトニックにどう立ち向かうのか!?さらに映像のラストには、ソニックのスピードパワーをいとも簡単に撥ねのける赤い色をした強敵ナックルズがソニックを倒すために立ちはだかる!宇宙最強のスピードを誇るソニック、最強のパワーを誇るナックルズが大激突!果たして勝つのはどっちだ!?2人のバトルの行方にも注目!迫力、スケール、アクションもケタ違いにパワーアップしたソニックの大冒険に期待せずにはいられません!

前作で見せた迫真の熱演も記憶に新しい中川大志さんが、本作でもソニックの日本語吹替を担当!「どうやら、ソニックはまだ暴れ足りないようです。僕も、再び自分を奮い立たせて、冒険に出かけたいと思います!」と意気込みを語ります。また、前作でソニックと死闘を繰り広げたドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)役は引き続き山寺宏一さんが担当する他、ソニックの人間の相棒である保安官トム(ジェームズ・マースデン)役の中村悠一さん、トムの妻マディ(ティカ・サンプター)役の井上麻里奈さん、ソニックの仲間となるテイルス役の広橋涼さんも続投決定!さらに、今作より登場するソニック最強の敵でありパワーでソニックを圧倒するシリーズ屈指の人気キャラクターナックルズ役には声優・俳優・歌手として様々なフィールドでマルチに活躍する木村昴さんが決定!

そんな豪華キャスト陣からコメントが到着しました!

◆中川大志さん(ソニック役)
前作から早2年、今か今かとこの時を楽しみにしていました。
ソニックと再会出来る喜びを噛み締めています。
1作目では、画面から溢れ出てくる、愛らしくも、生々しいソニックの表情や息遣いに、沢山の感情を貰いました。
ソニックのエネルギーに取り残されないよう、1つになる作業は前回僕を自分1人では行けないところまで連れて行ってくれました。
どうやら、ソニックはまだ暴れ足りないようです。
僕も、再び自分を奮い立たせて、冒険に出かけたいと思います!
新たな仲間達と共に益々パワーアップした、ソニックの世界をどうか楽しみに待っていて下さい。
その時は、きっと音速でやってきます!!

◆山寺宏一さん(ドクター・ロボトニック役)
「マスク」を吹き替えて以来、ジム・キャリーが大好きで、彼の吹き替えをする事が声優としての大きな喜びです。
前作で久々にジム・キャリーらしさ全開だったので、続編を心から待ち望んでおりました。
ドクター・ロボトニックが、あのキノコ惑星からどうやって帰還し、どのような活躍を見せてくれるのかワクワクが止まりません!
中川大志くんとまたまた共演できるのも嬉しいし、ナックルズを木村昴くんが吹き替えるっていうのも楽しみ!
おはスタ仲間よ、まとめてかかって来なさ~~い!
皆さん、是非劇場でご覧になって下さい!

◆木村昴さん(ナックルズ役)
この度、ソニックをパワーで圧倒する最大最強のライバル・ナックルズの吹き替えを担当させていただきます、木村昴です!
ゲームで聴いていたナックルズの青年らしい声を残しつつ、ハリウッド映画らしい壮大なスケール感も意識してナックルズを演じてみたいなと思っております。つまりは、ゲームと映画のいいとこ取りなナックルズになっていけたら最高だなと。とにかくめちゃくちゃ楽しみです!!

◆広橋涼さん(テイルス役)
テイルス役の広橋涼です。
ソニックのことが大好きで、メカに詳しくて、本当はとっても出来る子なのにちょっぴり自信が無さそうなところが愛しいです。
フサフサしたしっぽがチャームポイント。
アニメでもゲームでも、テイルスになる前は頭の中で「ソニックー!!」と呼びかけてからマイクの前に立っています。
ソニックを追いかけている姿が私の中のテイルスの基本になっています。
今回の映画ではどんな風にソニックを追いかけていくのか、見失わないように一生懸命ついていきます。

◆井上麻里奈さん(マディ役)
今回ソニック2があるという情報は知っていたのですが、マディが果たして登場するのかとても気になっていました。
ソニックの事ですし、全く違う場所に冒険に訪れていてもおかしくないと思っていたので。
なのでオファーを頂いた時、ソニックとトム、マディがまだ関わっているんだという事が分かりとても嬉しかったです。
以前のように一緒に暮らしているのか、はたまた新たな関わり方をしているのか、アフレコが楽しみです。

◆中村悠一さん(トム役)
約2年ぶりにトムを演じることができ、非常に嬉しいです!
前作のバディ感から一転し見守りポジションになるのか…はたまた相棒に返り咲くのか…?
新キャラクター達も多数登場する中、トムとソニックの関係性にも注目していきたいです!
公開までまだ少しありますが、楽しみに待って頂けると嬉しいです!

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』(原題:Sonic the Hedgehog 2)が、東和ピクチャーズの配給にて、2022年夏に全国公開決定!そして日本語吹替キャストには前作から引き続き、ソニック役を中川大志さん、ドクター・ロボトニック役を山寺宏一さんがそれぞれ続投することも決定しました。

さらに2分以上の大ボリュームとなる最新作の予告映像が、本日世界一斉解禁されました!

「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)から発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、様々なゲーム機向けにシリーズ作品が展開され、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターが、日本を始め、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続けています。
2020年にハリウッドで実写映画化された『ソニック・ザ・ムービー』は、スクリーンを所狭しとハイスピードで駆け巡り、愛らしくもありながらクールでエネルギッシュなソニックの魅力が爆発し、映画史にその名を刻む世界的大ヒットを記録!映画のラストではシリーズ屈指の人気を誇るキュートなキャラクターのテイルスがその姿を見せ、次なる物語への大きな期待が寄せられていたなか、今回発表となった最新作のタイトルには、こちらもソニックの永遠のライバルであるナックルズの名が・・・!大勢のファンが待ちわびた彼らの参戦によって、ますますソニックの大冒険に心躍ること間違いなしです。

そして、前作で見せた衝撃の熱演も記憶に新しい中川大志さんが、本作でもソニックの日本語吹替を担当!前作公開当時のイベントに出席した際、「また会いたいです!それぐらいこの映画が盛り上がって、またソニックが帰ってきてくれたらいいな、そうなったら良いな、って僕は思っています。」と想いを明かしていた中川さんが、さらに成長し進化を遂げるソニックをいかに演じるのか大注目!同じく山寺宏一さんもドクター・ロボトニックの吹替を担当しますが、ソニックに敗北し遠いキノコの星へと吹っ飛ばされたはずの彼は、どのようにして再びソニックたちの前に立ちはだかるのでしょうか!?

このほど世界一斉での解禁となるインターナショナル予告では、ソニックたちの大活躍によって平穏を取り戻したはずの地球に、ソニックを倒すために乗り込んでくるナックルズ、それを事前に知りなんとしても先にソニックを見つけ出そうとするテイルス、そして蠢く黒雲のむこうから再び襲来するドクター・ロボトニックの姿などが映し出されており、迫力もスケールもケタ違いにアップしたシビれる仕上がりの予感。本作の続報から目が離せません!

ついに6月26日(金)より、待望の日本公開を迎えた本作が、オープニング3日間(26日~28日)で興収約 6300 万円を記録し、“ゲーム映画の新たな大傑作“と SNS 上では絶賛の嵐!!

全米での大ヒット、そして米批評家サイトRotten Tomatoesで一般の観客によるオーディエンススコア93%という大好評をうけ、本作の日本公開を心待ちにしていた子供たちやゲームファン、さらに友人同士やカップルなど老若男女幅広い客層が来場!先日、映画館で感染予防対策デモンストレーションを行った、ソニック役の日本語吹替キャスト・中川大志さんが「たまったストレスや疲れを吹っ飛ばしてくれる爽快な映画なので、映画館復帰戦にもってこいです!」と語っていた通り、久々の映画体験に本作をチョイスした観客も多く、SNS 上でも「エンタメの底力を見せ付けられた秀作」「ゲーム映画の新たな大傑作」と絶賛の声や、「大人も子供もみんな楽しめる作品」「孤独を抱える人間味溢れるソニックが愛らしくて魅力的」「ソニックシリーズのリスペクトがめちゃくちゃに溢れてた!」と超音速で大スクリーンを駆け回るソニックの大活躍に喜びと興奮の声が続々!中には、「ソニックの疾走感を味わえる4DXでの鑑賞が絶対オススメ」と4DXを勧める声や、ジム・キャリーの演技に笑い、ソニックを応援する子供の姿を見て感動したソニックファンの声も!

さらに大きな話題となっている日本語吹替版についても「想像以上に面白くて、なにより中川大志さんの吹き替えの熱量に良い意味でびっくりした」「中川さん、今までの俳優吹き替えでは一番上手かった」「ジム・キャリー&山ちゃんの怪演が最高!」と、長年のソニックファンをも唸らせる中川大志さんのソニックと、山寺宏一さんがその本領を遺憾なく発揮したドクター・ロボトニック(演:ジム・キャリー)の熱演に胸を打たれた観客も続出中!一部で報道されている続編の公開に早くも期待がつのるほどの盛り上がりを見せており、ソニック生誕の地・日本でどこまでその記録を伸ばすのか注目です!

『ソニック・ザ・ムービー』 興行成績 (全国289館・435スクリーン) ※興行通信社調べ
土日2日間(6月27~28日) 動員:38,306人 興収:50,732,770円
金土日3日間(6月26~28日) 動員:47,433人 興収:62,942,620円
(動員・興収ともに6位)

針のように鋭い体毛はどこへやら!? まさかのずぶ濡れ、もふもふソニックが出現!
仲間割れのピンチも、キュートなルックと軽快なせりふ回しで乗り越え絆を深める!本編映像が到着!

今回到着したのは、自身を追う強敵から逃れるため、ソニック(声:中川大志さん)が相棒の保安官トム(ジェームズ・マースデン/声:中村悠一さん)と共に失くしたリングを探す道中、仲たがいしてしまう場面。トムとぶつかり合い、一瞬の間にこの荒野から海まで往復してきたソニックは、海藻を絡ませ生きた魚を頭に乗せた衝撃的な姿どこか哀愁も漂わせながらの説得がトムの心を動かし二人旅の続行が決まると一変、調子のよいソニックは音速で水気を振り払って、愛くるしいもふもふフォルムに早変わり!常にクールなスーパーヒーローであるソニックからは想像できない可愛さにキュンキュンしてしまうはず♡ かっこいいソニックに慣れ親しんできた大人も子どもも、「こんなソニック見たことない!!」と驚いてしまうこと間違いなし!喜怒哀楽がはっきりしていてチャーミングなソニックと、うんざりしつつも困っている人がいたら放っておけない気のいいトム、このコンビのワクドキ珍道中がますますヒートアップしていくことを予感させるシーン!

孤独だったソニックにとって、初めての相棒となるトムを演じたジェームズ・マースデンは、その関係性について「トムはソニックと出会い、生きる目的を求める自身の答えがソニックなのではないかと気付いた。2人は、生まれた場所ではなく自分自身を見て受け入れてくれる相手を探していた」と語り、またジェフ・ファウラー監督も2人は両極端だからこそ、人生が変わるような大きな旅へと出発したんだ」と、運命の出会いを果たし互いに必要不可欠な存在となっていく2人のストーリーに自信をのぞかせます。大切な相棒との絆が、キュートでエネルギッシュなソニックのスーパーパワーをさらに爆発させてくれるはず!ぜひその活躍を、劇場の大スクリーンで目撃せよ!!

 

1 2 3 4 5 6 7 9