NEWS

ついに6月26日(金)より、待望の日本公開を迎えた本作が、オープニング3日間(26日~28日)で興収約 6300 万円を記録し、“ゲーム映画の新たな大傑作“と SNS 上では絶賛の嵐!!

全米での大ヒット、そして米批評家サイトRotten Tomatoesで一般の観客によるオーディエンススコア93%という大好評をうけ、本作の日本公開を心待ちにしていた子供たちやゲームファン、さらに友人同士やカップルなど老若男女幅広い客層が来場!先日、映画館で感染予防対策デモンストレーションを行った、ソニック役の日本語吹替キャスト・中川大志さんが「たまったストレスや疲れを吹っ飛ばしてくれる爽快な映画なので、映画館復帰戦にもってこいです!」と語っていた通り、久々の映画体験に本作をチョイスした観客も多く、SNS 上でも「エンタメの底力を見せ付けられた秀作」「ゲーム映画の新たな大傑作」と絶賛の声や、「大人も子供もみんな楽しめる作品」「孤独を抱える人間味溢れるソニックが愛らしくて魅力的」「ソニックシリーズのリスペクトがめちゃくちゃに溢れてた!」と超音速で大スクリーンを駆け回るソニックの大活躍に喜びと興奮の声が続々!中には、「ソニックの疾走感を味わえる4DXでの鑑賞が絶対オススメ」と4DXを勧める声や、ジム・キャリーの演技に笑い、ソニックを応援する子供の姿を見て感動したソニックファンの声も!

さらに大きな話題となっている日本語吹替版についても「想像以上に面白くて、なにより中川大志さんの吹き替えの熱量に良い意味でびっくりした」「中川さん、今までの俳優吹き替えでは一番上手かった」「ジム・キャリー&山ちゃんの怪演が最高!」と、長年のソニックファンをも唸らせる中川大志さんのソニックと、山寺宏一さんがその本領を遺憾なく発揮したドクター・ロボトニック(演:ジム・キャリー)の熱演に胸を打たれた観客も続出中!一部で報道されている続編の公開に早くも期待がつのるほどの盛り上がりを見せており、ソニック生誕の地・日本でどこまでその記録を伸ばすのか注目です!

『ソニック・ザ・ムービー』 興行成績 (全国289館・435スクリーン) ※興行通信社調べ
土日2日間(6月27~28日) 動員:38,306人 興収:50,732,770円
金土日3日間(6月26~28日) 動員:47,433人 興収:62,942,620円
(動員・興収ともに6位)

針のように鋭い体毛はどこへやら!? まさかのずぶ濡れ、もふもふソニックが出現!
仲間割れのピンチも、キュートなルックと軽快なせりふ回しで乗り越え絆を深める!本編映像が到着!

今回到着したのは、自身を追う強敵から逃れるため、ソニック(声:中川大志さん)が相棒の保安官トム(ジェームズ・マースデン/声:中村悠一さん)と共に失くしたリングを探す道中、仲たがいしてしまう場面。トムとぶつかり合い、一瞬の間にこの荒野から海まで往復してきたソニックは、海藻を絡ませ生きた魚を頭に乗せた衝撃的な姿どこか哀愁も漂わせながらの説得がトムの心を動かし二人旅の続行が決まると一変、調子のよいソニックは音速で水気を振り払って、愛くるしいもふもふフォルムに早変わり!常にクールなスーパーヒーローであるソニックからは想像できない可愛さにキュンキュンしてしまうはず♡ かっこいいソニックに慣れ親しんできた大人も子どもも、「こんなソニック見たことない!!」と驚いてしまうこと間違いなし!喜怒哀楽がはっきりしていてチャーミングなソニックと、うんざりしつつも困っている人がいたら放っておけない気のいいトム、このコンビのワクドキ珍道中がますますヒートアップしていくことを予感させるシーン!

孤独だったソニックにとって、初めての相棒となるトムを演じたジェームズ・マースデンは、その関係性について「トムはソニックと出会い、生きる目的を求める自身の答えがソニックなのではないかと気付いた。2人は、生まれた場所ではなく自分自身を見て受け入れてくれる相手を探していた」と語り、またジェフ・ファウラー監督も2人は両極端だからこそ、人生が変わるような大きな旅へと出発したんだ」と、運命の出会いを果たし互いに必要不可欠な存在となっていく2人のストーリーに自信をのぞかせます。大切な相棒との絆が、キュートでエネルギッシュなソニックのスーパーパワーをさらに爆発させてくれるはず!ぜひその活躍を、劇場の大スクリーンで目撃せよ!!

 

映画『ソニック・ザ・ムービー』公開を記念して、抽選で合計6名様に映画関連グッズや花王『アタック』の洗剤ギフトセットが当たるコラボキャンペーンが決定!Twitterでセガ公式アカウント+花王 アタックをフォロー&RTしてプレゼントを当てよう!

当キャンペーンの発端は、映画『ソニック・ザ・ムービー』のメインビジュアルと花王『アタック』のパッケージの「見た目が似ているから」!それぞれのイメージである爽やかなブルーと輝くリングという、ただそれだけの共通点により生まれたプレゼントキャンペーン!!

<コラボキャンペーン概要>

キャンペーン期間中、Twitterの「セガ公式アカウント」および「花王 アタック」アカウントをフォロー。指定の賞品応募用ツイートをリツイートした方の中から、抽選で合計6名様に映画『ソニック・ザ・ムービー』グッズと衣料用洗剤『アタック』の詰め合わせをプレゼント。

【キャンペーン期間】
・第1弾:2020年6月25日(木)~7月2日(木)23:59 まで
・第2弾:2020年7月2日(木)~7月12日(日)23:59 まで

【プレゼント内容】
・第1弾:「映画『ソニック・ザ・ムービー』ペア ムビチケカード&花王『アタック抗菌EXスーパークリアジェルギフトK・AK-50』」セット……3名様

・第2弾:「花王『アタック抗菌EXスーパークリアジェルギフトK・AK-50』&映画『ソニック・ザ・ムービー』オリジナルTシャツ(Lサイズ)&ソニックぬいぐるみ」セット……3名様

・キャンペーンページ(https://sega.jp/topics/200625_1/

■『アタック抗菌EXスーパークリアジェル』とは
暮らしを清潔にする抗菌タイプの液体洗剤です。抗菌効果のある液体のアタックと浴室用洗剤、食器用洗剤のシリーズ。「他のどの衣料用洗剤よりも、衣類を白く清潔に洗い上げる」ことをベースに、満足のいく洗濯を実現し、明るく、充実した「よき暮らし」に貢献する衣料用洗剤です。

『アタック』公式サイト https://www.kao.co.jp/attackgift/lineup/liquid_super/

この度、ソニックたちVSドクター・ロボトニックがついに真向から対峙!
逃げ場のない屋上で繰り広げられる、手に汗握る対決シーンの<本編映像>を公開!

ソニックは、落としてしまった金色のリングを取り戻すため、サンフランシスコの超高層ビル「トランス・アメリカピラミッド」の頂上を目指し、初めての相棒ドーナツ・キングことトム、そしてプレッツェル・クイーンことトムの妻マディと一緒に旅に出ます。この度解禁された本編映像では、3人がついにビルの頂上にたどり着いたその瞬間、執拗に追いかけてくるドクター・ロボトニックが突如目の前に現れた!という緊迫感あふれるシーン!

「おしゃべりの時間は終わり!ボタンを押す時だ」とソニックたちに最終宣告をするドクター・ロボトニック。しかしソニックは自信満々の表情で「まるで空飛ぶタマゴだな!ミスターエッグマン!でも言っておくぜ。俺は捕まらない。」とファンにはたまらないニックネームを銘打ちながら応戦すると、ドクター・ロボトニックは必殺の一手になんとソニックの体毛からスーパーパワーをチャージ!ついに無数の小型メカがソニック達に向けて一斉に照準を合わせ、攻撃の準備が始まる!人間のレベルを超えた戦いの予感に焦るトムとマディに対し、ソニックは意に介さず「ノープロブレム!ここは俺に任せとけ!」と余裕の決め台詞で一気に反撃に出る!と思ったその時、目にも止まらぬ超音速で、なんとトムとマディを高層ビルから突き落とした!?さすがに目を見開きびっくりしたドクター・ロボトニックだが、「これは予想していなかった。だからって一本取られたうちには入らない。」と冷静を装ってみせるなど、互いに舌戦も譲らぬ両者はバッチバチ!この絶体絶命の大ピンチを切り抜けるソニックの救出作戦とは果たして?気になるバトルの結果は是非劇場にてお確かめください!

 

 

公開に先駆け、ソニックのスピード感満載の超爽快★な映像を解禁!
<オレを止めてくれるな!! 助けた亀を連れ去って~♪最高の音速体験をプレゼント★>

ゆっくりと車道を横断する一匹の亀。その背後から車が迫ってくる!ヤバイ!
このままじゃ下敷きになり目も当てられない姿になってしまう…とその瞬間、青い閃光が亀を救う!
その正体は我らがソニック!亀を両手に「今日のお前はついてるぞ!」と話しかけ、
スローな亀に普段は経験できない、最高の音速体験をさせてあげることに!

Queenの名曲「Don’t Stop Me Now」にのせて、両手で亀を持ったソニックが自慢のスピードで走り出す!調子に乗ったソニックに一瞬ヒヤリとさせられる場面もあるものの、「ナイスリカバリー!」と自画自賛しながら突っ走るソニックに満面の笑顔(?)をみせる亀は武者震いするほど喜んでいる様子…!?前代未聞の“音速の亀”が誕生する瞬間であり、お茶目でヤンチャなソニックは可愛らしく必見!最後はちゃんと亀を森の安全な場所に下ろし、「このことは秘密だ!」とどこかへ颯爽と消えていく去り際もクールで、この街のどこかにソニックがいたら良いのに…!と願わずにいられなくこと必至!

製作のティム・ミラー(『デッドプール』監督)が「ソニックは、どの世代でもこうありたいと思うような部分を刺激してくるんだ」と自信をもって作り上げたソニックのキャラクターに心奪われること間違いなし!ついに日本へ凱旋となる映画『ソニック・ザ・ムービー』、ぜひご注目ください!

1 2 3 4 5 6 7